スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】米大リーグのヤンキースやロッテ、阪神などでプレーした伊良部秀輝・元投手(41)が酒気帯び運転の疑いで米ロサンゼルス郊外で逮捕されていたことが25日、分かった。

 ガーデナ市警察によると、伊良部元投手は17日午前1時半ごろ、自宅に近い同市内で蛇行運転し、駐車中の車に衝突しそうになったところを巡回中のパトカーに発見された。飲酒検査の結果、逮捕され、同日午前10時半に5000ドル(約45万円)の保釈金を払って釈放された。血液検査の結果が判明する約1カ月後に起訴するかどうか判断される。

 伊良部元投手は昨年、四国・九州アイランドリーグの高知で現役復帰したが、今年1月に2度目の引退を表明。現在は、ロサンゼルスで少年野球の指導などをしている。

 07年8月には大阪市北区の飲食店で酒に酔って店長を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、起訴猶予処分になっている。

【関連ニュース】
酒気帯び運転:伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で
横浜3人死傷:飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴
ひき逃げ:フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉
酒気帯び:巡査を懲戒免に 奈良県警
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間

囲碁 本因坊七番勝負第2局 山下、手厚い封じ手(毎日新聞)
知人に農薬混入コーヒー=殺人未遂容疑で男逮捕―長野県警(時事通信)
<バカラ賭博>賭博場貸した容疑で元外交官を逮捕 警視庁(毎日新聞)
口蹄疫「給食に影響ない」=川端文科相(時事通信)
丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成(スポーツ報知)

<医師法違反>甲子園常連校から引っ張りだこ 実は…無免許で整体、容疑の女逮捕(毎日新聞)

 整体院で無免許治療し重傷を負わせたとして、千葉県警は18日、同県船橋市松が丘1、無職、村田愛子容疑者(52)を医師法違反と業務上過失傷害の疑いで逮捕した。県警環境犯罪課によると、村田容疑者は高校野球の甲子園常連校にも出張治療。評判が口コミで広がり、少なくとも10都府県45校の球児らが治療を受けたという。

 逮捕容疑は、08年11月〜09年12月、同市芝山3の整体院で、医師免許がないのに電気治療器で4人を治療し、09年11月3日、船橋市の男性(74)の首に1カ月の低温やけどをさせたとしている。容疑を認めているという。同課によると、電気治療は15分程度が一般的だが、5〜7時間続けることで効果を高めていたらしい。村田容疑者は、あんまマッサージ指圧師の資格も持っていなかった。94年ごろから始めたとみられる。【駒木智一】

【関連ニュース】
医師法違反:容疑で52歳の女逮捕 無免許で整体治療
医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手
医師法違反:甲子園常連校から引っ張りだこ、実は… 無免許で整体、容疑の女逮捕
医師法違反:ニセ女医をうっかり採用 常勤医不足に悩む岩手・宮古市の病院

ドーベルマン、散歩中の男性とトイプードル襲う(読売新聞)
<交通事故>観光バスなど3台衝突 乗客ら12人けが 千葉(毎日新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)

横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)

 神奈川県横須賀市ハイランド、無職小林章浩さん(62)方の台所で小林さんとみられる遺体が見つかった殺人事件で、小林さんの知人と見られる男性が9日朝、東京都中央区勝どきのビルの前で倒れ、死亡しているのが発見された。

 男性は飛び降り自殺したと見られる。県警が殺人事件の参考人として、事情聴取を求めていた。

 死亡した男性は30歳代の不動産業者と見られ、小林さん方に出入りしており、近所の住民や、小林さんの親類から名前が挙がっていた。

iPS細胞の研究棟公開=山中教授「10年後に臨床試験を」−京都大(時事通信)
出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(読売新聞)
カキツバタ 雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
<舞鶴・高1殺害>公判日程決まらず…長引く整理手続き(毎日新聞)

花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将(産経新聞)

 蒋介石の恩義に報いるべく台湾存立の戦い「金門戦争」に身を投じ、その貢献が戦役から60年を経て公式に認められた根本博・元陸軍中将。蒋介石ゆかりの文書や遺品の数々を掘り起こすと、根本元中将との間に築かれた信頼関係や友情を読み取ることができる。

 「わが国が一番苦しい時に日本の友人、根本さまたちにしていただいたことは永遠に忘れません。わが国には『雪中に炭を送る』という言葉があります。一番困ったときに根本さまたちはそれをやってくれたのです」。昨年10月、「金門戦争」から60年の記念式典で台湾国防部の黄奕炳常務次長(陸軍中将)は根本元中将の関係者にこう語り功績をたたえた。

 当時の根本元中将の行動に、日本ではバッシング報道が目立った。国会でも問題視され、台湾でもその存在や活躍ぶりは秘され続けた。

 米国・スタンフォード大学フーバー研究所に保管されている「蒋介石日記」をみると、蒋介石の根本元中将への信頼が読み取れる。

「與日人根本博談話、討論組織反共義勇軍事」(日本人根本博と話し反共義勇軍の組織について討論した)=1949年9月2日付

 台北市にある蒋介石の顕彰施設「中正紀念堂」には蒋介石が大切にしていた花瓶が飾られている。通常花瓶は2個で1セットだが、展示された花瓶は1個だけしかない。蒋介石は47年、3セットを作らせ、1セットを英国エリザベス王女のご成婚の慶事の祝いに贈り、もう1セットを日本の皇室へ贈った。そして手元に置いた最後の1セットのうちの1個を「これはあなたと私がいつも一緒ということ。常にそばにいてお互いに忘れないという意味で贈ります」といって帰国する根本元中将に贈ったのだった。

【関連記事】
台湾存立の戦いに貢献した根本博元陸軍中将、台湾国防部公式に功績を認める
【国際情勢分析】台湾・国民党が背負う歴史の十字架
「人民の敵」人気沸騰? 中国で蒋介石ブームの謎
南造雲子ってだれ? 中国語版グーグルで検索すると…
甘い鳩山東アジア共同体構想 「人民元の海」本格展開へ

気象庁「ナウキャスト」来月稼働 竜巻・雷10分刻みで予報(産経新聞)
河村名古屋市長「市議会解散自転車で訴える」(読売新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS−11」を見学(産経新聞)
消火器投げ込み 宝塚の教会でも(産経新聞)
雑記帳 再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)

参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)

 自民党は20日、消費税の大半を目的税化し、医療や福祉に充てる「国民安心税」(仮称)の創設を参院選の公約に盛り込む方針を固めた。導入時期や税率の引き上げ幅について調整し、5月の大型連休明けにも決定する。一方、法人税の実効税率(現行約40%)は20%台に大幅に引き下げる。
 また、新卒者の完全雇用を目指し、就職先が決まらなかった高校・大学の新卒者を試行的に2年程度雇った企業に年間100万円の助成金を支給する「トライアル雇用制度」の導入も盛り込む考えだ。 

【関連ニュース】
山田日本創新党党首の一問一答
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記

寝屋川の女児死亡 懐に飛び込めず見逃す 市と児相 連携、訪問も (産経新聞)
発祥の地…横浜オリジナルのサイダー発売へ(産経新聞)
ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
党首討論 鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)

ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の影響で欠航していた日本航空の路線のうち、ローマとモスクワから成田空港に向かう2便が19日、それぞれ現地を出発した。15日以来4日ぶりの運航再開となる。
 日航は「噴煙による空域の制限を避けて運航が可能と判断した」としている。ローマ便は日本時間午後11時50分(現地時間午後4時50分)に出発し、20日午前11時55分に成田着。モスクワ便は午後11時5分(同午後6時5分)出発で、20日午前8時25分到着の予定。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
水俣病救済方針を閣議決定(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)

<東京・瑞穂の遺体事件>同居の33歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)

 東京都瑞穂町のアパートで昨年12月、プラスチック製収納ボックスから住人の無職、白石美咲さん(当時38歳)の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は9日、同居していた新田智子被告(33)=死体遺棄罪で起訴=を殺人容疑で再逮捕したと発表した。新田容疑者は「殺していない」と否認しているという。逮捕容疑は、昨年12月11日ごろ、アパート自室で白石さんの頭や腰などを数回殴ったりけったりして、殺害したとしている。【神澤龍二】

<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)
タクシーが50メートル客引きずる=口論の末、殺人未遂で捜査−大阪(時事通信)
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」(産経新聞)
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く? −福岡県警(時事通信)

iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)

 あらゆる組織や臓器の細胞になることができるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓の細胞を高い効率で作り出すことに成功したと、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大の研究チームが5日、明らかにした。これまでもiPS細胞からの肝臓細胞の作製は報告されているが、効率は1〜3割にとどまっており、高効率化が求められていた。高い純度の肝臓細胞ができたことで、新薬創出への応用が期待される。

 肝臓細胞は従来、培養液中のiPS細胞にタンパク質を加える手法で作られていた。基盤研の水口裕之チーフプロジェクトリーダーらの研究チームはウイルスを“運び屋”として利用し、iPS細胞に2種類の遺伝子を順番に導入することで、生成される細胞の8〜9割を肝臓細胞にすることに成功した。

 肝臓細胞は新薬開発の際に効果や毒性を確かめるために使われるが、これまでは生体から採取した肝臓細胞が使われており、高価で性質も十分ではなかった。ヒトiPS細胞から効率的に肝臓細胞を作り出せれば、新薬開発に大きく貢献できると見込まれている。

 基盤研の川端健二プロジェクトリーダーは「より完全に成熟した肝臓細胞への分化を目指し、製薬企業などに安定的に供給できるよう、研究を進めたい」と話している。

【関連記事】
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
iPS細胞から「腸」成功、臓器で初 奈良県立医大
ガン化を回避 iPS経由せずマウス尾から神経細胞を直接作製 
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<掘り出しニュース>花月園競輪場“当たった、はずれた” 60年の歴史に幕(毎日新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)
<訃報>宍道一郎さん89歳=元日本ビクター社長(毎日新聞)

スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子さん(39)ら7人が搭乗する米スペースシャトル「ディスカバリー」が、米東部時間5日午前6時21分(日本時間同日午後7時21分)、ケネディ宇宙センターから打ち上げられる。天候は安定し、米航空宇宙局は「打ち上げ確率は80%」としている。

 今回の打ち上げは、山崎さんにとって初飛行で日本人2人目の女性宇宙飛行士となるが、宇宙開発にさまざまな記録を残すことになる。

 現在、国際宇宙ステーション(ISS)には野口聡一さん(44)が滞在中で、シャトルが到着すると日本人2人が初めて宇宙に同時滞在することになる。シャトルは今年退役予定で、日本人の搭乗はこれが最後の見通し。

 一方、2日にはカザフスタンから3人を乗せたロシアのソユーズ宇宙船が打ち上げられた。このうち1人が女性で、シャトルにも山崎さんを含む3人の女性が乗り込む。ISSには一時的に過去最多タイの13人が滞在し、このうち女性4人は新記録だ。

 ディスカバリーはISSへの物資輸送が主な任務で、山崎さんはシャトルの運用や物資輸送を指揮する。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:11年の集大成…4月にシャトル搭乗
エンデバー:米ケネディ宇宙センターに帰還
シャトル:山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」
スペースシャトル:エンデバー打ち上げ成功
宇宙カボチャ、国際ステーションから地球帰還 鳥取大で種植え

シー・シェパードに大賛辞 環境雑誌「ソトコト」の問題特集(J-CASTニュース)
死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)
<掘り出しニュース>県天然記念物なのに…所有者、サザンカの巨樹を無断で伐採 奈良(毎日新聞)
ありがたみアップ?給与明細に「お褒めの声」(読売新聞)
「議員辞職は当然」=自民・大島氏(時事通信)

基盤整備支援への活用議論を=郵政限度額引き上げで−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は26日の閣議後の記者会見で、亀井静香金融・郵政改革担当相らがまとめた郵政改革案に触れ、郵便貯金の預入限度額引き上げなどで増える資金の活用法として、既存建築物の耐震改修や海外の社会基盤整備支援などに一部を用いるよう議論すべきだとの考えを示した。前原国交相は「しっかりと国の発展や国際展開に使うのであれば、国民に説明のつく話ではないか」と述べた。
 前原国交相はまた、同日の閣僚懇談会でも「(増加する資金が)国債引き受けという国が借金しやすいようなものに使われるのは、絶対に慎まなければいけない」と発言したことを明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

阪神百貨店で「全国お忘れ物リサイクル品大処分市」(産経新聞)
住宅火災で女性死亡 東京・東大和(産経新聞)
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
小沢氏会見要旨(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
レンタルサーバー
債務整理 無料相談
日本ダービー
競馬情報
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 還元率
副業
selected entries
archives
recent comment
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    しゅうじん (11/20)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ゆきぴこ (11/13)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ぬらえもん (11/02)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    溜め五郎 (10/26)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM