<< スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞) | main | <東京・瑞穂の遺体事件>同居の33歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)

 あらゆる組織や臓器の細胞になることができるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓の細胞を高い効率で作り出すことに成功したと、医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大の研究チームが5日、明らかにした。これまでもiPS細胞からの肝臓細胞の作製は報告されているが、効率は1〜3割にとどまっており、高効率化が求められていた。高い純度の肝臓細胞ができたことで、新薬創出への応用が期待される。

 肝臓細胞は従来、培養液中のiPS細胞にタンパク質を加える手法で作られていた。基盤研の水口裕之チーフプロジェクトリーダーらの研究チームはウイルスを“運び屋”として利用し、iPS細胞に2種類の遺伝子を順番に導入することで、生成される細胞の8〜9割を肝臓細胞にすることに成功した。

 肝臓細胞は新薬開発の際に効果や毒性を確かめるために使われるが、これまでは生体から採取した肝臓細胞が使われており、高価で性質も十分ではなかった。ヒトiPS細胞から効率的に肝臓細胞を作り出せれば、新薬開発に大きく貢献できると見込まれている。

 基盤研の川端健二プロジェクトリーダーは「より完全に成熟した肝臓細胞への分化を目指し、製薬企業などに安定的に供給できるよう、研究を進めたい」と話している。

【関連記事】
培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損
iPS細胞から「腸」成功、臓器で初 奈良県立医大
ガン化を回避 iPS経由せずマウス尾から神経細胞を直接作製 
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<掘り出しニュース>花月園競輪場“当たった、はずれた” 60年の歴史に幕(毎日新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)
<訃報>宍道一郎さん89歳=元日本ビクター社長(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 19:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
レンタルサーバー
債務整理 無料相談
日本ダービー
競馬情報
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 還元率
副業
selected entries
archives
recent comment
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    しゅうじん (11/20)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ゆきぴこ (11/13)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    ぬらえもん (11/02)
  • <酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
    溜め五郎 (10/26)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM